« 勝ちTシャツが欲しい? | トップページ | 映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観て »

2006/06/05

新井場徹、奮闘する -ナビスコ杯ガンバ大阪戦-

新井場、どけ!

ガンバ大阪のコールリーダーが、メガホンで、ピッチ上の新井場徹選手を罵倒しました。
おいおい、その行為はマナー&ルール違反ですよ。

メガホンを使って、相手チームの選手個人を罵倒する光景を初めて見ました。
大阪人らしいですね。

私は、関西の生まれなので、関西の風土&文化が好きです。
田辺聖子さんは大好きです。
すき焼きは、絶対、関西風が美味しいです。

でも、試合中にそんなことするか?

どけ、と言われて、どくような新井場選手ではありません。

その後の、新井場選手の上がりは驚異的でした。
物凄い加速で、ガンバ大阪の選手を振り切って、ゴール前へ突進!

痺れました!

新井場徹、素敵!!!

しかし、鹿島は得点出来ず。
昨夜のナビスコ杯準々決勝・ガンバ大阪戦は、0-0の引き分けでした。
残念です。

試合前のアップを見ていたら、新井場選手のやつれが気になりました。
盲腸の調子が悪くて薬で痛みを抑えている、と聞きましたが、どんな具合でしょうか? 左サイドの控えの石川竜也選手が移籍をしてしまい、精神的にも苦しいでしょうか?
しかし、髪がかなり茶色になりましたね。黒い方がいいのになあ。

後半、投入された田中康平選手が頑張っていました。
増田誓志選手との交代は、少しがっかりでしたが、ポストに当ったシュートは惜しかった。
田中選手は、相手に囲まれても、前を向こうとする姿勢に好感が持てました。安易にパックパスを選択せず、前、前へ行こうとするプレーはいいぞ。
さすが、本職のFWは違いますね。

昨夜の試合は、前半、バックパスが多くてうんざりしました。
前を向いて、シュートを打たなければ、得点出来ません。
失点したくない、という気持ちは分かるけれども、前を向け〜。

それでも、90分間、闘志を感じる試合でした。
久々に、気持ちの籠った試合を観ることが出来て、少し満足しました。
これで、得点シーンを観て万歳して、試合に勝利出来たらもっと良かったのですが。

さあ、次は万博で第2戦です。
引き分け狙いなどせず、きっちり勝って、準決勝へ進出しましょう。


ところで、ガンバ大阪サポが叩いていた太鼓は、スチールドラムですか?
変わった音色ですね。
この前の万博では、気がつかなかったけれども・・・。
スチールドラムのせいか、応援の声は余り聞こえませんでした。


|

« 勝ちTシャツが欲しい? | トップページ | 映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観て »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。