« 中田浩二は凛々しかった | トップページ | 小笠原満男の無念  »

2006/06/30

独紙「kicker」の採点 -ブラジル戦-

ドイツのサッカー専門新聞「kicker」を買いました。1部2ユーロです。

ブラジル戦の採点表が載っていなので、参考までに書いてみます。
1から6までの点数評価で、日本と反対で、点数が少ない方が良かった選手です。
(敬称略)

 川口能活      3
 玉田圭司      4
 巻誠一郎      4
 小笠原満男     4
 稲本潤一      4
 三都主アレサンドロ 4
 中田浩二      4
 加地亮       4.5
 坪井慶介      5
 中澤佑二      5
 中村俊輔      5
 中田英寿      5

以上です。高原直泰と大黒将志は採点がありませんでした。

ドイツの記者はよく観ている、と思います。
私も、スタジアムで観戦していて、同じような思いをしました。

日本のマスコミの採点や評価と、大分、違うでしょう。

因みに、ブラジル人選手は、

 ロナウド     1.5
 ロナウジーニョ  2
 カカ       3.5

あまりにも違いすぎますね。

最近、携帯電話は国際ローミング・サービスがあり、日本で使用している携帯電話を、ドイツでそのまま使うことが出来ます。今回、日本の留守宅の夫から、私の携帯電話にメールがあり、日本でのサッカー報道をこまめに入手することが出来ました。

その中で、一番驚いたメールが次の情報です。

最後まで走った中田英寿選手への賞賛多数!

このメールを読んだ時、私と友人たちは驚きのあまり絶句しました。
ブラジル戦の後半、中田英寿選手は走っていませんでした。まるで駄目でした。それなのに、賞賛の嵐とは・・・。

納得出来ません。

日本のマスコミが信じられません。

何故、このような報道がまかり通るのでしょうか?

TV観戦の方には、そのように見えたのでしょうか?

つねづね、スタジアム観戦とTV観戦は違う、と主張してきた私ですが、この報道に驚いています。

残念です。

私は、この目でドルトムントを観た!


|

« 中田浩二は凛々しかった | トップページ | 小笠原満男の無念  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。