« 大阪でお花見をしよう | トップページ | 大阪市立東洋陶磁美術館に行きました »

2006/04/09

黄砂が舞う中で -ガンバ大阪戦-

昨日の17:00頃、万博記念競技場の前で、霞む大空に白色の太陽を見ました。
何だろう? 気味が悪いなあ、と思いました。隣にいたガンバ大阪サポは、大きな月が出ている、と言っていましたが、あれは太陽でしょう?

新幹線で大阪に着いたら、風が強くて、空が霞んでいました。
目はしょぼしょぼするし、髪はくちゃくちゃになるし、最悪でした。その時点では、黄砂とは分からず、変な天気だなあ、と思いました。

普段はメインスタンド指定席の私ですが、今回は久しぶりにゴール裏へ行きました。

鹿島ゴール裏は、恐ろしい程の強風が吹きつけていて、寒い〜。
寒い、寒い!
こういう時に限って、ダウンコートを着ていなくて、困りました。ブルゾンでは凍死しそうでした。持参したトレーナーに雨具に、ありとあらゆる物を身につけました。
その位、風が強かったのです。
選手は、強い風でボール・コントロールが難しかったでしょう。
試合前に、小笠原満男選手がシュート練習をしていましたが、全部、宇宙開発で、嫌な予感がしました。

ゴール裏は見難いですね。
ナイトゲームに、黄砂に、陸上競技場の三重苦で、見難い、見難い。
日頃、ゴール裏の観戦に慣れていない私には、選手の動きがさっぱり分かりませんでした。ゴール裏で観戦して、試合レポートが書ける人は偉いです、と感心しました。しかし、これも慣れなのかしら?

ゴール裏は、観戦と言わず参戦と言う、と聞いたことがあります。

昨日の私は、声は出ていました。
高校生の時、合唱部でしたので、腹式呼吸を忘れていませんでした。
もっと、もっと、声を出して、選手の後押しをしたい、という気持ちでいっぱいでした。

後半ロスタイム、ガンバ大阪のフェルナンジーニョ選手が獲得したPKを遠藤保仁選手が決めました。

ガンバ大阪戦は、0-1で、鹿島は負けました。

何で、あれがPKよ〜、と叫びましたが・・・。
悔しい!!!

ホテルに戻って、NHKのスポーツ・ニュースを見たら、増田誓志選手のファウルだったのですね。
がっくりしました。
チカシ、負けるな。
今日のミスを、明日の糧にしよう!


|

« 大阪でお花見をしよう | トップページ | 大阪市立東洋陶磁美術館に行きました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。