« 意気揚々に甲府軍団がやって来る | トップページ | 甲府軍団を撃破 »

2006/03/21

スター誕生 -甲府戦-

060321_36

17才の内田篤人選手が初ゴールを決めました。

前半26分、右サイドを自ら切り開いてシュート!

場内には、歓声と拍手が沸き起りました。
そして、アツト・コールが延々と続きました。

「スター誕生」の瞬間でした。

感動しました。
思わず、立ち上がって拍手をしました。

甲府戦は、3-1で、鹿島が勝利しました。
内田選手は、1ゴール1アシストの大活躍でした。

パウロ・アウトゥオリ監督のコメントは、

「選手個人に対するコメントはなるべく避けているのだが、彼を開幕からスタメンで使うのは宮崎キャンプの時から決めていた。彼は守備もいいし、クロスの精度もあるし、運動量もある。そして、1対1で勝負することができるのが大きなポイントだ。それは今日の試合でも表れていた。日本人は年齢を気にする風潮があるが、我々南米の人間は実力や能力を重視する。彼は信頼するに値するプレーができているから、安心してピッチに送り出せる。彼の存在は今後の日本サッカーにも明るい光だろう。しかし今後は注目されるようになってくるだろうから、その時、いかに献身的に謙虚にできるかが大事になってくる。そんな状況になったらクラブ関係者とともに彼に対していいアドバイスを与えていきたい。」
   (J's GOAL より)

内田篤人選手のコメントは、

「周りがいいパスをくれてスペースをあけてくれてチャンスができた。左足を振りぬこうと思った。鹿島の選手は視野が広くていつも見ていてくれる。動けばパスも出してくれる。監督から前でシュートと打て、ペナルティエリア内ではしかけていけと指示が出ていたので仕掛けたつもり。あの場面でもセンタリングも考えたけれど、シュートまで行きたかった。シュートが決まったのは打った瞬間は分からなかったけど、分かった時は隣にいたヤナギさんと抱き合っていた。試合前に緊張している時、ヤナギさんはいつも声をかけてくれる。2点目に関してはアレックス・ミネイロは少しずれてもうまくあわせてくれるんで。シュートよりアシストしたい気持ちが強いです。」
   (J's GOAL より)

今後のマスコミの取材攻勢が恐いですが、内田選手が成長を続けることを願います。

そして、常に謙虚であれ!


|

« 意気揚々に甲府軍団がやって来る | トップページ | 甲府軍団を撃破 »

コメント

グリケンさん、コメントありがとうございました。
内田選手は、記者会見でもしっかりとした受け答えをしますね。頼もしいです。
恐いのは、やはり怪我ですが・・・。
今後、大きく育って欲しいです。

投稿: 香織 | 2006/03/23 21:20

こんばんわ。

見る限り、慢心はなさそうですが
ホントそれだけは気をつけて欲しいですよね。。。

あと、怪我ですか。

これからどこまで成長していくか、
本当に楽しみですね。

次節は中継。
見逃せないです!

投稿: グリケン | 2006/03/21 22:55

この記事へのコメントは終了しました。

« 意気揚々に甲府軍団がやって来る | トップページ | 甲府軍団を撃破 »