« アントラーズテディベア | トップページ | 洗濯機用洗剤を買った増田誓志 »

2006/02/01

こんにちはバーゼル、さようならマルセイユ

中田浩二選手が、1/31、スイス1部リーグ・バーゼルのホームスタジアムで入団記者会見に臨みました。
おめでとうございます。

契約は、2008年6月末までの完全移籍。
背番号は6番です。

バーゼルは、スイス・ドイツ・フランス3国の国境にあるライン河畔の街で、スイス第二の都市だそうです。
早速、地図帳を開くと、チューリヒから近いようです。

私の初めての海外旅行は、スイス・アルプス・ハイキング・ツアーでした。
チューリヒに降り立って、バスでアルプス山麓を目指しました。7月というのに雪が降って難儀したことを思い出しました。
お土産に、レースと刺繍のテーブルクロスを買いました。今でも大切に使っています。
バーゼルは行ったことはありませんが、国境の街なんて面白そうですね。

何度も書きますが、浩二、頑張れ!

結局、マルセイユには行けませんでした。
中田浩二オフィシャルサイトの表紙になっているマルセイユの街に憧れていました。
山の上に教会があって、麓に街が広がっています。そして、海があって、海岸に佇む浩二の姿。
行きたかったなあ。
本場のブイヤベースを食べたかった。

マルセイユでは、浩二も色々あったようです。

「最後は移籍せざるを得ない状況をつくられていたから、残念な気持ちはある。ただマルセイユに行ったことは後悔していない。マルセイユでの1年があったから、チームを変わってもすんなりと入っていける」

   2/1 サンスポ.COM より

最後は、マルセイユで辛い思いをしたようです。
私も、マルセイユのやり方には腹を立てましたが、これがプロの世界なんだ、と納得するようにしました。
浩二が、マルセイユに行ったことは後悔していない、と言い切っているので、安心しました。
マルセイユでの1年は勉強になったことでしょう。
この経験を、バーゼルで生かして下さい。

中田浩二選手の活躍を楽しみにしています。


|

« アントラーズテディベア | トップページ | 洗濯機用洗剤を買った増田誓志 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。