« 「フォルサ!アントラーズ」新人3人男 | トップページ | 休むことも必要だ »

2006/02/11

1トップ機能せず -アメリカ戦-

久保竜彦選手の1トップは、やはり機能しませんでしたね。

腰痛の選手が活躍出来る程、世界は甘くありません。
ジーコ監督、もう久保選手は諦めましょうよ。全盛期の久保選手は凄かったけれども・・・。

国際親善試合のアメリカ戦は、2-3で、日本が負けました。

前半は、3-6-1の布陣で、久保選手の1トップに、トップ下が小笠原満男選手と小野伸二選手の2人。
はっきり言って、チーム全体が駄目でした。
ミスパスは多いし、ルーズボールは拾えないし、どうしたのかしら?
ボランチはどうした! とTVに向かって叫びたかったです。
今日のボランチは、福西崇史選手と遠藤保仁選手。
前半、2失点。

後半、巻誠一郎選手と佐藤寿人選手を投入し2トップに。
しかし、いきなり失点で、3失点目。
もう、酷すぎる!

長谷部誠選手と阿部勇樹選手を投入。
日本は、4バック(4-4-2の布陣)になりました。

ここからです。
長谷部選手が、勇敢にドリブルで前へ上がります。
巻選手と佐藤選手が、必死に走ります。
日本のリズムが良くなってきて、面白い試合展開になってきました。後半はアメリカの運動量が落ちてきましたから、前半と後半を単純に比較することは出来ないけれども、後半に出た選手の方が良かったですね。つまりサブ組の選手たちです。それは、練習時のミニゲームや紅白戦、練習試合で分っていたことですが・・・。

巻選手と中澤佑二選手が得点して、2点を返しました。
もっと観たいぞ、と思ったところで、終了の笛がなりました。
残念!!

日本は負けました。

ジーコ監督は、試合後のインタビューで、色々な形を試し、どんどんトライしていきたい、と語っています。

でも、いつまで試すのですか?
少し、心配になりました。

しかし、ここまで来たら、ジーコについて行きます。


|

« 「フォルサ!アントラーズ」新人3人男 | トップページ | 休むことも必要だ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。