« 無残に夢が散りました -天皇杯大宮戦- | トップページ | 選手の遠征用キャリーバックに関する考察 »

2005/12/26

仙台はいい街でした

仙台名物「牛たん焼き」を食べました。

試合が、あまりにもお粗末だったので、仙台には観光旅行に行ったことにします。
本当は、天皇杯準々決勝大宮戦の応援に行ったのですが・・・。

先ず、昼食に「牛たん焼定食」を、仙台駅近くの「利久」で食べました。
ここは、地元の人のお勧めの店でした。
12:00頃でしたので、お店の前には行列が出来ていましたが、10分程で席に着きました。奥のテーブルに座ることが出来て、落ち着いて食事をすることが出来ました。

初めて、「牛たん焼定食」を食べましたが、美味しかったです。
定食は、牛たん焼、テールスープ、麦飯が付いて、¥1400でした。
ここに、卵入りとろろ汁を付けると、プラス¥100。
牛たん焼は、塩味と味噌味があります。
付け合わせは、白菜の塩漬けと青唐辛子の味噌漬け(?)でした。

隣の人が食べていた、「牛たんのシチュー」も美味しそうでした。

お腹いっぱいになって、満足、満足と言いながら、地下鉄に乗って仙台スタジアムに向かいました。約20分でスタジアムに到着する、というアクセスの良さ。おまけに、スタジアムの前には、ショッピング・センターがありました。

仙台は、いい街ですね。
程良い大きさの街で、住み心地が良さそうです。
私は、新宿や渋谷の雑踏が大嫌いですから・・・。
街の中に、サッカースタジアムと野球場があります。
それに、何と言っても、伊達政宗公の城下町です。
小学生の時、独眼竜政宗の子供時代の話を読んで、感動した私です。

試合の帰りに、地下鉄を「勾当台公園」で降りて、定禅寺通の「光のページェント」を見学しました。青や緑の光が珍しかったです。そして、歩いて青葉通のイルミネーションも見ました。

「仙台ホテル」のアーケード街のレストランで、お茶をしました。
クリスマス・イブの書き入れ時に、紅茶とケーキだけで失礼しました。
ケーキを選びたい、という私たちに、スタッフは親切にして下さいました。アップル・ケーキは美味しかったです。
「仙台ホテル」は、スタッフの接客態度が良いですね。実は、昼食の「利久」を紹介して下さったのは、ここのスタッフでした。私個人のお勧めですが、と言っていましたが・・・。
ホテル・ジャンキーの私は、感動しました。

お土産は、駅ビルで、「松島」の蒲鉾を購入しました。
ここの、お豆腐入り揚かまぼこ「むう」は美味です。
私たちが買物をしていたら、お客さんがどっと集まって来て混雑しました。
おいらは「客寄せパンダ」か?

本当に、仙台はいい街でした。
試合に勝利していれば、もっと良かったのですが・・・。


|

« 無残に夢が散りました -天皇杯大宮戦- | トップページ | 選手の遠征用キャリーバックに関する考察 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。