« さあ、日本平へ行こう | トップページ | 我等は仲間だ »

2005/11/27

まだ、まだ、諦めない -清水戦-

051126_41

帰宅途中、静岡駅の新幹線ホームで、選手たちに遭遇しました。

岩政大樹選手は、左に増田誓志選手、右に後藤圭太選手を従えるような感じで、壁の前に立っていました。
兄貴分のようでした。
声を掛け難い雰囲気でしたので、遠くから見ていました。

新幹線が入線してきた時、増田選手が前を通ったので、声を掛けました。
まだ、諦めていません。次節、頑張って下さい、と。
チカシは、うなずいてくれました。

グリーン車の反対側のドアを見たら、丁度、小笠原満男選手が乗車するところでした。満男はどこにいたのかしら?

11/26の清水戦は、2-2の、引き分けでした。

選手たちは、悔しかったでしょう。

私も、鹿島に勝運が向いて来ている、と感じて必死に応援したのですが・・・。

諦めません!!!

最終節まで、優勝の可能性がありますので、絶対に諦めません。

昨日は、バックスタンドのアウェイ席に座りました。
斜後方に、清水サポのおばさんが、大声で応援していました。
普段はゴール裏にいるけれども、今日はセレモニーがあるからバックスタンドに来た、と隣の人に話しをしていました。
この方、ハッキリ言って、下品な応援をしていました。
鹿島の選手への中傷誹謗が酷いのです。ここには書けないようなことを怒鳴っていました。
しかし、周りにいた鹿島サポは紳士淑女(?)でしたので、おばさんの挑発にはのらず、鹿島の選手を熱く応援しました。そのせいか、おばさんはハーフタイムには姿を消しました。
本当に下品な応援でした。
私が、清水サポならば、恥ずかしくて、アルゼンチンまでもぐりたいです。

鹿島サポにも、こういう人はいるのでしょうか?
指定席のアウェイ側では止めて頂きたいです。

私の後方にいた、清水サポの男性2人は、良識派でした。
小笠原選手のことを褒めていました。

小笠原選手が帰って来てくれて、嬉しかったです。
怪我が完治していないのに、必死にプレーする姿が美しかったです。
日本平のバックスタンドは、観客席と選手の間が吃驚するほど近くて、感動しました。
やはり、サッカー専用スタジアムはいいですね。
逆に、あまりにも近すぎるので、応援の声の出すタイミングが難しかったです。

勝てたら良かったのですが・・・。

しかし、最終節があります。
今度こそ、絶対に勝ちましょう。


|

« さあ、日本平へ行こう | トップページ | 我等は仲間だ »

コメント

ykさん、コメントありがとうございました。
確かに、鹿島は非常に厳しい状況にありますね。
でも、優勝の可能性がある限り、絶対に諦めません。
私も、最終節は若手選手に期待します。5/4のFC東京戦のような増田誓志選手と興梠慎三選手の起用は面白そうですね。
セレーゾ監督の采配に注目します。
最終節は、悔いのない試合にしたいです。
応援も、頑張りましょうね。

投稿: 香織 | 2005/11/28 21:32

香織さん、はじめまして。
アントラーズを応援しているykといいます。
非常に厳しい状況ですが、私もまだ諦めていません。最後の最後にアントラーズ魂をみせつけて欲しいですね。
私も特に増田選手に期待しています。
興梠選手と組めば点が入るのではないかと思うのですが・・・。
なかなか点が取れない時だからこそ、この2人を使って欲しいんですけどね。
(彼らと同郷なもので、贔屓目かもしれませんが・・笑)

最終節、スタジアムで頑張って応援しましょう!

投稿: yk | 2005/11/28 19:41

この記事へのコメントは終了しました。

« さあ、日本平へ行こう | トップページ | 我等は仲間だ »