« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/29

我等は仲間だ

清水遠征の帰りの新幹線の出来事です。

新幹線の中には、私を含めて、ユニホームを着ている鹿島サポが何人かいました。
東京駅で下車する時、出口にいた鹿島サポの方と目が合ったので会釈をしました。その後、二言三言話しをしました。

下車したホームで、同行していた友人に尋ねられました。
「今の人、知り合いの人?」
「ううん、初対面の人」、と私は答えました。

友人は吃驚していましたが、私としては、鹿島のユニホームを着ている人は、みんな仲間だ、という思いがあります。

山の世界では、登山道で登山者が出会うと、「こんにちは」と挨拶をします。
見知らぬ人でも、必ず、挨拶をします。
声を掛けて、道を譲り合ったり、追い越したりします。
時には、立ち止まって、登山情報の交換をします。

鹿島のユニホームを着ている人には、「こんにちは」と挨拶をしたり、会釈をします。
たまに、怪訝な顔をされる時もあります。

鹿島サポでしたら、登山者のように、見知らぬ人でも、積極的に挨拶が出来たらいいなあ。


(カシマ・スタジアムでは、沢山のサポーターがいるから無理ですが・・・。)


| | コメント (0)

2005/11/27

まだ、まだ、諦めない -清水戦-

051126_41

帰宅途中、静岡駅の新幹線ホームで、選手たちに遭遇しました。

岩政大樹選手は、左に増田誓志選手、右に後藤圭太選手を従えるような感じで、壁の前に立っていました。
兄貴分のようでした。
声を掛け難い雰囲気でしたので、遠くから見ていました。

新幹線が入線してきた時、増田選手が前を通ったので、声を掛けました。
まだ、諦めていません。次節、頑張って下さい、と。
チカシは、うなずいてくれました。

グリーン車の反対側のドアを見たら、丁度、小笠原満男選手が乗車するところでした。満男はどこにいたのかしら?

11/26の清水戦は、2-2の、引き分けでした。

選手たちは、悔しかったでしょう。

私も、鹿島に勝運が向いて来ている、と感じて必死に応援したのですが・・・。

諦めません!!!

最終節まで、優勝の可能性がありますので、絶対に諦めません。

昨日は、バックスタンドのアウェイ席に座りました。
斜後方に、清水サポのおばさんが、大声で応援していました。
普段はゴール裏にいるけれども、今日はセレモニーがあるからバックスタンドに来た、と隣の人に話しをしていました。
この方、ハッキリ言って、下品な応援をしていました。
鹿島の選手への中傷誹謗が酷いのです。ここには書けないようなことを怒鳴っていました。
しかし、周りにいた鹿島サポは紳士淑女(?)でしたので、おばさんの挑発にはのらず、鹿島の選手を熱く応援しました。そのせいか、おばさんはハーフタイムには姿を消しました。
本当に下品な応援でした。
私が、清水サポならば、恥ずかしくて、アルゼンチンまでもぐりたいです。

鹿島サポにも、こういう人はいるのでしょうか?
指定席のアウェイ側では止めて頂きたいです。

私の後方にいた、清水サポの男性2人は、良識派でした。
小笠原選手のことを褒めていました。

小笠原選手が帰って来てくれて、嬉しかったです。
怪我が完治していないのに、必死にプレーする姿が美しかったです。
日本平のバックスタンドは、観客席と選手の間が吃驚するほど近くて、感動しました。
やはり、サッカー専用スタジアムはいいですね。
逆に、あまりにも近すぎるので、応援の声の出すタイミングが難しかったです。

勝てたら良かったのですが・・・。

しかし、最終節があります。
今度こそ、絶対に勝ちましょう。


| | コメント (2)

2005/11/25

さあ、日本平へ行こう

明日は、清水戦。

日本平へ行きます。
初めて、旗を持って行きます。小さな旗ですが・・・。

ここまで来たら、もう、ごちゃごちゃ言いません。

選手を信じて、応援するのみです。

さあ、日本平へ行こう!


| | コメント (0)

2005/11/24

神様が下さったチャンス

昨日の敗戦にもめげない、元気な私です。
もう、開き直りましたから・・・。

今朝、新聞を開くと、セレーゾ監督は下記のように語っています。

神様か何かの影響が働いている。このチャンスをモノにしろよ、という声が聞こえる。
   (毎日新聞より)

セレーゾ監督は前向きですね。
指揮官は、前向きで明るくなくちゃ・・・。

横浜戦の試合終了後は、さすがにめげました。選手たちを拍手で見送ったものの、がっくりきました。ところが、電光掲示板で、G大阪の敗戦とC大阪の引き分けを知り、歓声を上げました。
まだ、優勝の可能性がある、と思いました。

これって、神様が下さったチャンスですね。

土曜日の試合が楽しみです。
今から、うきうきしています。

それでは、日本平に行きましょう。


| | コメント (0)

2005/11/23

まだ、諦めない! -横浜戦-

2失点の後、ピッチを必死に走る新井場徹がいました。

その姿に感動しました。

諦めてはいけない。
最終節まで、優勝を諦めてはいけない、と思いました。

アントラーズに移籍してきたいちばん大きな理由は「優勝をねらえるチームだから」ということです。僕自身、まだ優勝経験がないので、その目標を達成させたいと思っています。
   (KASHIMA ANTLERS YEAR BOOK 2004)

上記は、座談会での新井場の発言です。

私も、リーグ戦での優勝経験がないので、その目標を達成させたいです。

今日の横浜戦は、0-2で、負けました。
しかし、何故か、落ち込みませんでした。
もう、開き直りました。

次節の清水戦は、必ず勝って、首位奪還をしましょう。


| | コメント (0)

2005/11/22

登山道で見かけたタオルマフラー

11月のある土曜日、高尾山に紅葉狩りに行って来ました。

高尾山は、東京の郊外にある信仰とハイキングの山(600m)です。
お天気が良かったので、人、人、人・・・。
山頂も登山道も、人で埋っていました。

今年の紅葉は、暑い日が長く続いたせいか、いまひとつでした。

人ごみから逃げるようにして、高尾山頂から縦走路に入りました。城山を過ぎると登山者も少なくなり、景信山への登山道は落ち葉を踏み締めながら歩きました。静かな山道をゆっくりと歩いて行くのは大好きです。
大観衆のスタジアムも大好きですが...。

途中の茶店では、なめこ汁を楽しみました。
お椀一杯が¥250です。
城山の茶店は、なめこと豆腐で、塩味。
景信山の茶店は、なめこのみで、味噌味でした。

高尾山は、近くて、手軽に登れる山なので、何度登っても楽しいです。
だから、人も多いのでしょうが・・・。

その中で、目についたのが、Jリーグのタオル・マフラーでした。

黄色は、千葉。
青赤は、FC東京。
赤黒は、浦和。

結構、首に巻いている人がいましたね。何故か、全員、女性でしたが・・・。

皆さん、我がチームを誇りに思っているのでしょう。
愛着があるので、スタジアム以外でも使用しているのでしょう。

私も、最初は、アントラーズのタオル・マフラーを巻いたのですが、夕方は寒いだろう、と思って、ウール・マフラーにしました。低山だからと甘くみて、風邪をひきたくなかったのです。
でも、他チームのタオル・マフラーを見ると、やっぱり、後悔しました。
タオル・マフラーで、鹿島サポである、ということを誇示したかったです。

明日は、横浜戦です。

カシマ・スタジアムでは、タオル・マフラーをぶんぶん振り回して、応援します。

明日こそ、絶対勝利です。


| | コメント (0)

2005/11/21

郵便局へ行って来ました -あやかちゃんを救おう-

今日、郵便局へ行って、「あやかちゃんを救う会」に募金して来ました。

彩花ちゃんが、一刻も早く、アメリカで手術が受けられますように。
そして、元気になることを、お祈り致します。


| | コメント (2)

2005/11/20

3位に後退 -大分戦-

どうして勝てないのかしら?

TVの前で、力が抜けました。

今日の大分戦は、1-1の引き分けでした。

期待の増田誓志は、ファウルが多かったですね。
やっぱり、気合いが空回りしてしまったのかしら?
残念です。

それにしても、最近は、選手交代をしても、全然効果がないですね。

G大阪が負けましたが、C大阪が勝って、鹿島は3位に後退しました。


追記 :

負けに等しい引き分けで、落ち込みが激しいです。
今日の夕食は、手抜きです。
食欲もわきません。

今朝、中田浩二が、先発フル出場でマルセイユが勝利した、というニュースに大喜びしました。
フランスリーグ戦(11/19) マルセイユ2-1ナント

しかし、夕方は、がっくりきました。

喜怒哀楽の感情が激しい私は、勝った負けたに一喜一憂してしまいます。
サッカーは、単なるスポーツではありません。私にとっては、生活そのものです。

それにしても、私は、冷静な勝負師にはなれないなあ。


| | コメント (0)

2005/11/19

平常心で行こう

明日は大分戦です。
小笠原満男選手の離脱で、新司令塔と言われている増田誓志選手。

チカシ、平常心で行こう。

小笠原選手の代わりは誰も出来ない、と思います。

今回のような切羽詰まった状態では、気合いが空回りする危険性があります。
チカシ、気負うことはありません。
自分の力を信じて、試合に臨んで下さい。

明日は、大分に行くことは出来ませんが、TVの前で熱く応援します。

頑張れ! 鹿島アントラーズ。


| | コメント (0)

2005/11/17

アンダーシャツが見えていたの?

昨夜のアンゴラ戦で気になったことのひとつに、新ユニホームがあります。
新ユニホームそのものではなくて、一部の選手の襟元から見えていた白いシャツです。
あれは、アンダーシャツですか?

正直言って、格好悪〜い。

アンダーシャツならば、青色系を着ることは出来ないのでしょうか?
それともなければ、アンダーシャツのデザインを変えるとか・・・。

アディダスさん、検討してみたら如何でしょうか?

あれでは、いい男も台無しです。

じいさんやばあさんの襟元から、下着が見えているようです。

ヨーロッパを旅行していて感じるのですが、あちらの人は意外と外見重視のようです。我が家も旅行中は服装に気をつかいました。

ミーハー・サポは、阿呆な話ばかりでごめんなさい。
アディダスさん、宜しくお願いします(笑)。


| | コメント (2)

2005/11/16

松井大輔は当確か? -アンゴラ戦-

今日は早く帰らなくていいの? と職場の同僚に言われました。

アンゴラ戦は興味がないからいいの。
だって、中田浩二と小笠原満男、そして、福西崇史が出場しないから、興味がわきません。ビデオ録画のセットもしませんでした。

と言いながらも、前半途中からTV観戦しました。
なかなか得点出来ず、いらいらしました。

ドイツに行っても、いらいらするだけじゃないの? と夫に嫌味を言われました。

ああ〜、絶望的です。
下手くそ、と何度もTVに向かって叫んでしまいました。
私は、スタジアムでもTV前でも、大人しく観戦することが出来ません。

そんな時、松井大輔が投入されました。
おお〜、試合の流れが変わったではありませんか。
松井は、強く、そして、上手くなりましたね。以前は、線が細くて、神経質な感じでしたが・・・。

後半終了間際、松井のゴールが決まりました。
アシストは、柳沢敦です。
良かった、良かった、と安堵しました。

これで、松井はW杯ドイツ大会は当確かしら?


| | コメント (0)

2005/11/14

涙こらえて・・・

11/12(土曜日)のFC東京戦で、左股関節を痛めた小笠原満男選手が、左腸腰筋損傷で全治3〜4週間と診断されていたそうです。
 (日刊スポーツより)

ああ〜、今季絶望ですね。

小笠原選手には、完治するまで無理をせず、治療とリハビリに励んで頂きたいです。

優勝争いの最中に、エースの小笠原選手の離脱は痛いです。
痛いなんてもんじゃない!
でも、泣かない。

これで鹿島は終戦だ、と思った他チームサポは沢山いるでしょう。

終戦ではありません。
絶対に負けないぞ。
これからは、鹿島は総力戦で頑張ります。

絶対に優勝します。


| | コメント (2)

2005/11/13

大丈夫ですか?小笠原満男

日曜日の朝、昨日の引き分けの試合を引きずって、気分悪し。
晴天というのに、元気が出ません。

インターネットをチェックすると、「日刊スポーツ」に衝撃の記事がありました。

小笠原満男、長期離脱も?

え〜。嘘と言って・・・。

昨日の試合で、また、足を痛めたようです。試合後、ゴール裏やメイン&バック・スタンドに挨拶もせずに、引き揚げていきました。余程、痛かったのでしょう。

そんな小笠原を見て、いいよ、いいよ、挨拶なんていいよ。ロッカールームで、早く足の治療をして下さい、と思いました。

今日、小笠原は精密検査を受けるようですから、結果が分かるのは後日でしょう。

ところが、先程、「河津享のCRAZY DIARY」を読んで、吃驚しました。
11/13付の「挨拶のルール」というエントリーです。

河津さんは、昨日の試合後の小笠原の行動に、不快感を感じているそうです。

本当に、驚きました。
世の中には、色々な意見の人がいるのですね。

小笠原は、足が痛かったのよ!
早く、患部を冷やす必要があったのよ!

何故、それが分からないのでしょうか?

私は、以前、右膝を痛めたことがあります。その場で、冷やさなかったので、患部が悪化して、1ヶ月ほど膝痛に苦しみました。そして、膝を庇い過ぎて、ある日突然、腰痛になりました。激痛で、夫に付き添われて国立病院へ行き、仕事も4日間休みました。その後は、仕事を休むことが出来ず、腰にコルセットをして出勤を続けました。ところが、次は、坐骨神経痛になったのです。左足が腰から爪先まで痛み、眠ることも良く出来ない日々を過ごしました。本当に辛い経験でした。

だから、小笠原の体を心配しています。

こんな場合は、挨拶なんていらない!

私は、「IN.FIGHT」の方々の活動には感謝しています。

例えば、試合前に、皆で「MAX VOLUME」を歌って、選手たちを鼓舞すること。
セレーゾ監督も、この歌に感激したそうですね。
メイン・スタンド観戦派の私は、なかなか覚えられないので、昨日、CDを購入しました。これを聞いて、暗譜するつもりです。

優勝争いの最中です。
サポーターは心をひとつにしましょう。


| | コメント (0)

2005/11/12

増田誓志を起用して下さい -FC東京戦-

カシマ・スタジアムのメイン・スタンドSS席、腹立たしい90分でした。
右に左に・・・。
もう、試合に集中出来ませんでした。警備員は何処にいたの?

試合も相変わらずの展開でした。

FC東京戦は、1-1の、引き分けでした。

小笠原満男さん、今日は辛い一日でしたね。
試合前は笑顔だった小笠原。
しかし、小笠原が試合前に笑顔の時は、結果は良くないような気がします。

選手交代は、試合の流れを変える程の効果はありませんでした。
生き生きとピッチを走り回る、FC東京の若い選手たちが羨ましかったです。

セレーゾ監督、増田誓志を起用して下さい。
増田は好調ですよ。

怪我を繰り返す選手よりも、元気な若手を起用してみませんか?
次節、勢いのある大分には、怪我人ばかりでは太刀打ち出来ない、と思います。

もう、ここまで来たら、セレーゾ監督の「決断」を望みます。


| | コメント (0)

2005/11/11

アントラーズテディベア登場

鹿島のオンラインショッピングに、テディベアが登場しました。


あのかわいいテディベアがアントラーズのユニホームを着て登場!
アントラーズロゴが刺繍されたオリジナルのテディベアです。
   (オフィシャルサイトより引用)

可愛い〜。
今日、注文の申込をしました。
配達は10日後で、とても楽しみです。

前々から、帝国ホテルの制服を着たテディベアが欲しかったのですが、躊躇していました。アントラーズ・テディベアは、帝国ホテル・テディベアよりも可愛いのです。もう、即決でした。

このアントラーズ・テディベアは、「幸運な熊」でしょう。
鹿島に優勝をもたらす幸運な熊、と信じます。

明日は、FC東京戦です。
前節、首位のG大阪に勝利して、意気軒高と思われるFC東京。

怪我人の多い鹿島ですが、絶対勝利です。

それでは、カシマ・スタジアムに集合しましょう。


| | コメント (0)

2005/11/10

小笠原満男の作るチャーハンはどんな味?

本屋で、「週刊サッカーダイジェスト」を立ち読みしました。

隔週で掲載されている小笠原満男選手のエッセイ「晴れ、ときどき曇り」は、毎回、とても楽しみです。
今回のテーマは、「お料理」でした。

なんと、満男さんは、チャーハン、豚汁、カレーライスが作れるそうです。
へ〜え。
高校生の時、下宿だったからと。

うちの夫は、チャーハンと卵雑炊が作れます(笑)。
チャーハンは、男性にはとっつきやすいようです。

以前の記事で、釣った魚は自分でおろす、と満男さんは語っていましたから、台所に入るのは抵抗がないようですね。
しかし、野菜を切るのは苦手なようです。奥様が、野菜を切ったり、と下準備をするのかな?

でも、豚汁は、深鍋で炒めた豚肉に、切った野菜を入れて、水を入れて煮るだけでしょ。満男さんは、味噌を入れて味を整えるだけかしら? 
「あく取り」をするのかしら?

台所に立つ満男さんを想像すると、微笑ましいです。

今日の我が家の夕食も、豚汁でした。
最初は、筑前煮を作る予定でしたが、疲れていたので、小鍋で野菜をひとつずつ下ゆでするのが面倒くさくなって止めました。豚汁の方が簡単に作れますからね。

最近の小笠原選手は、疲労の蓄積で、足が痛むようです。
月曜日の練習は別メニューだったとか?
今日の練習はどうだったのでしょうか?
心配です。

週末のFC東京戦は、また、痛みをおして出場するのでしょうか?
無理はしないで、でも、頑張って・・・。
う〜ん、矛盾している私です。


| | コメント (0)

2005/11/08

中田浩二、サムライブルーを着る

日本代表の新ユニホームが発表されました。

昨日、都内のホテルで発表会があり、モデルは、中田浩二選手、今野泰幸選手、土肥洋一選手の3人でした。

浩二が着ると、何でも格好良く見えるなあ〜。


「飛躍へ サムライ・ブルー」
一部に空色を配して世界への飛躍を願うとともに、両脇に日本刀の刃文(刀身の紋様)をモチーフにした曲線をあしらい、力強さと美しさ、日本の伝統を表現した。
   (毎日新聞より引用)


新しいユニホームは、日本刀をモチーフにしたデザインで、制作はアディダス・ジャパンです。
日本刀ね。
上野の国立博物館に展示されている日本刀は、刀身の美しさに惚れ惚れします。
あの美しさが表現出来ているか、と言うと、う〜ん・・・。
でも、浩二が着れば素敵だ。

しかし、胸の番号はバランス悪くない?
特に、2桁番号は。
従来通り、番号は真ん中の位置がバランスが良い、と思います。

浩二がモデルに選ばれたのは、アディダスと契約している選手だからでしょう。
でも、この時期に日本に滞在しているのは、不味いよ。
マルセイユの試合に出ようよ。

中田浩二選手が、この新しいユニホームを着て、ドイツのピッチに立つことを願います。


| | コメント (2)

2005/11/05

おめでとう千葉 -ナビスコ杯決勝-

鹿島サポですが、元千葉県民として、嬉しかった千葉の優勝。

ナビスコ杯決勝・千葉XG大阪は、PK戦の末、千葉が優勝を決めました。

昨夜、コンビニで、チケットをチェックしたら、ゴール裏がホームもアウエーも取り扱っていました。チケットを購入して、国立まで行こうかな、と思いましたが、体力の温存を考えて、TV観戦にしました。

緊迫した、いい試合でしたね。

後半途中からは、ソファーに座って観ていられなくなって、立って観ていました。
最後、巻誠一郎が決めた時は、思わず拍手でした。
おめでとう!!!

それにしても、PK戦の時、千葉は笑顔でしたね。
自信があったのかな?
1番手の阿部勇樹の成功が大きかったかな?

G大阪は延長戦の時から、足をつらせる選手が多数いましたね。
走ることの重要性をつくづく感じました。

私にとっての、今回の収穫は、千葉の水野晃樹。
20才ですが、落ち着いていましたね。
2番手でPKを蹴ったのには、吃驚しました。

オシム監督の強気の采配は素晴らしかったです。
それに比べて、西野朗監督の選手交代は???

さて、今日のナビスコ杯の結果が、リーグ戦にどう影響するでしょう。

鹿島は鹿島。
残り5試合、全部勝っていこう。


| | コメント (0)

2005/11/04

鼻歌気分の一日

今朝、職場に出勤したら、同僚に「凄かったですね、鹿島。7点も得点して。」と言われました。
「だって、相手はJFLのチームだから・・・。」と謙遜して返事をしながらも、嬉しかったです。
昨日の天皇杯の結果をチェックしてくれて、ありがとう。

ホンダロック戦は、7-0で、鹿島が勝利しました。
何だかんだ言っても、勝利は嬉しいです。
JFLと言っても、名古屋やC大阪は苦戦しましたから・・・。

今日は、鼻歌気分です。

ひとりで、倉庫に行った時、「MAX VOLUME」のさびの部分を歌ってしまいました。
でも、メインスタンド観戦派の私は、この歌を暗譜で歌えません。
まずいですね〜。
優勝報告会(祝勝会?)の時に、この歌が大合唱されるでしょう。
その時に、暗譜で歌えないと、悔しいですね。
よ〜し、今日から真剣に覚えよう。ゴール裏のサポーターに負けないように歌おう。

仕事の帰りに、スーパーでお買い物。
食材は生協の宅配を利用していますが、週末近くになると、野菜が足りなくなるので、野菜売場に行きました。
ここで、埼玉産の野菜は買いません。何故って、聞かないで・・・。
なるべく、茨城産の野菜を買うようにしています。
私の小さなこだわりです。
これも、地域密着かな(笑)。


| | コメント (0)

2005/11/03

観戦しない時にかぎって・・・ -ホンダロック戦-

「誓志がハットトリックしました」と、友人からメールがありました。

う〜、と外出先で、ひとり悔しい思いをしました。

観戦しない時にかぎって、増田誓志が大活躍したようです。
悔しい〜。
今日、カシマで観戦した友人たちが羨ましいです。

誓志のヒーロー・インタビューが素敵だったとか・・・。

NHK衛星の「天皇杯ダイジェスト」では、放送がありませんでした。
残念です。

天皇杯4回戦・ホンダロック戦は、7-0で、鹿島の勝利でした。


| | コメント (0)

2005/11/02

岩政大樹は不死身か?

セレッソ大阪戦の詳細を更新しよう、と思いましたが、水曜日になってしまいました。明日は天皇杯です。もう、ネタが新鮮ではないですね。

大阪遠征から帰宅したのが、日曜日の22:00頃でした。
本当に、大阪は近くなりました。「のぞみ」でしたら、東京-大阪間が2時間半です。
これでしたら、毎回、大阪遠征に参戦出来そうです。
お金に余裕があればですが・・・。

帰宅して、直ぐに試合の詳細を更新すれば良かったのですが・・・。
感動が冷めないうちに、書くべきでした。
翌日、録画したビデオを観ましたが、やっぱり、何かが違うなあ〜。

しかし、岩政大樹選手の「激突」の場面には吃驚しました。
NHKも、何度もリプレーしていましたね。
メインスタンドに座っていたので、あの場面は良く見えませんでした。ポストにぶつかったのかしら? とは思いましたが・・・。しかし、直ぐにピッチに戻ったので、深くは考えませんでした。

違うじゃない!
大変なことじゃないですか。
岩政さん〜、 大丈夫ですか?
病院で、精密検査は受けましたか?
顔ですから、無理はしないで下さい。

しかし、あの激突の後で、直ぐにピッチに戻るなんて、不死身ですか?
凄〜い!

日頃、寮の部屋にこもって本を読んでいる、という岩政さん、
読んでいる本のタイトル、教えて下さい。
どんな本、読んでいるのですか?
気になります。


| | コメント (2)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »