« 走り負けしました -千葉戦- | トップページ | ファン感謝デーの総括 »

2005/10/04

主将・本田泰人の挨拶

「次に、ここに立つ時は、優勝報告会を行えるよう、チームは全力で頑張ります。」

これが、10/2(日曜日)に開催された「ファン感謝デー」の、グランドフィナーレでの本田泰人選手の挨拶です。(その場でメモを取らなかったので、若干違うかもしれませんが・・・。)

主将のこの挨拶に、感激しました!
メイン・スタンドのサポーターからは、大きな拍手がおこりました。

嬉しいです。本田選手の力強い言葉が・・・。
10/1(土曜日)の千葉戦は、引き分けでがっかりしましたが、これからです。優勝を目指して、選手とサポーターが頑張りましょう。

グランドフィナーレでは、監督と全選手が参加して、一列に並びました。
選手は、唯ひとりを除いて、全員がジーンズでした。
ひとりとは、お洒落大好き人間の鈴木隆行選手です。腰にチェーンもぶら下げていました。

その前に、「JAYWALK」のピッチスペシャルライブがありました。
私は、「JAYWALK」が好きですので、こんな所で彼等の歌声を聞くことが出来て、ラッキーでした。勿論、一曲目は「何もいえなくて・・・夏」です。

この曲には想い出があります。
ラジオで初めて聞いた時、曲のタイトルと演奏者名を聞き逃しました。でも、どうしてもCDが欲しくて、銀座の「ヤマハ」のカウンターで、さびの部分を歌いました。すると、店員さんは直ぐに分ってくれましたが、CDは売り切れでした。その後、図書館のCDコーナーで、この曲を手にすることが出来ました。
だから、とても嬉しかったです。マイクの音が割れて聞き難かったのは、少し残念でしたが・・・。

当日、一番面白かったのは、特設リングで行われた「井上貴子VS岩政大樹トークバトル」でした。
トーク中に、女子プロレス「LLPW」の悪役が乱入して・・・。久しぶりに、女子プロレスを観ました。生は初めてでしたので、迫力のある試合に吃驚しました。
最初は、岩政選手の混乱ぶりが可笑しかったです。
アントラーズの新しい営業部長は、岩政選手ですね。

「ファン感謝デー」に初めて参加しましたが、面白かったです。


|

« 走り負けしました -千葉戦- | トップページ | ファン感謝デーの総括 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。