« 深井正樹X巻誠一郎の対決を観に行く | トップページ | 主将・本田泰人の挨拶 »

2005/10/03

走り負けしました -千葉戦-

051001_4

走ることが大好きなお犬さま。

心配が的中しました。

チカシは、前半の中頃には息が上がっていませんでしたか?
走り込みしろよ!
以前、自主トレーニングは禁止だから、と「フリークス」か何かの雑誌で発言していましたが・・・。(後で、出典を調べます。)
増田誓志のファンだから、敢えて言います。
パスミスするな! 競り負けるな!
ライバルの水野晃樹との競り合いの時は、負けないぞ、という強い意志を感じて良かったです。

前半21分のアレックス・ミネイロのゴールは、チカシがアシストでした。
試合中は、気がつきませんでしたが・・・。得点に貢献していたのですね。

それにしても、本山雅志はどうしたのでしょうか?

首に痛みがある、と聞いていたのですが、正直言って、酷かったです。
パスミスはするし、前線でボールをキープすることが出来ません。

でも、痛みがある本山をスタメンに起用したセレーゾ監督に責任がある、と思いました。

しかし、試合終了後の監督のコメントは違っていました。

僕は世界的に優秀な監督じゃない。未熟で経験を積んでいる段階だ。でも自分の優れたところは観察力。選手個人を批判するために会見しているわけじゃない。ただ不思議なことに、この5年間、本山は代表戦の前のゲームのパフォーマンスがいつも悪い。その答えが見つからない。みなさんがそう書いてくれるだろうし、書いてくれることで、彼も目を通すだろう。僕の言っていることが間違っているというくらい成長してほしい。
   「J's GOAL」より

代表戦の前のゲームのパフォーマンスがいつも悪いって、まるで本山が手を抜いているように聞こえますが・・・。
首痛ではなかったのですか?
真実はどこにあるのでしょうか?

58分(後半13分)、本山と増田に代わって、鈴木隆行と野沢拓也を投入したら、試合の流れが変わりました。
そこからは、行け行けで・・・。
私も、がんがん、声が出ました。

しかし、千葉戦の結果は、2-2の引き分けでした。

終了間際、信じられないような場面がありましたが・・・。
もう、書かない!

がっかりした千葉戦でした。


追記 :

「フッティバル」 2005 VOL.24 でした。

「増田誓志 2年目の決意表明」

自主トレは基本的に禁止になっています。練習が終わったらすぐに上がります。早く来て個人練習をするのもダメですから。


|

« 深井正樹X巻誠一郎の対決を観に行く | トップページ | 主将・本田泰人の挨拶 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。