« C大阪戦は勝利あるのみ | トップページ | 試合前に、仁徳天皇陵に参拝する »

2005/10/30

力が抜けました -C大阪戦ー

051030_3

大阪から帰りました。

今日のC大阪戦は、0-0の引き分けでした。

主審の試合終了の笛を聞いた時、全身から力が抜けました。
選手たちも、何人かがピッチの上にへたばっていました。鹿島が1〜2人、C大阪が3〜4人だったかな?

終了間際、突然、電光掲示板に、G大阪の敗戦が知らされました。
わぁ〜、と会場から歓声が沸き上がりました。
選手たちも気がついたのでしょう。それから、両チームとも死にもの狂いで戦ったのですが・・・。
鹿島のゴール裏は、「奇跡を起こせ」を力強く歌い、メインスタンドの私も歌ったのですが・・・。

得点出来ず。

首位奪還のチャンスだったのに・・・。
悔しいです。

しかし、ここは前向きに考えましょう。
鬼門の長居スタジアムで、苦手のC大阪に良く戦い、引き分け、勝ち点1を積み上げたと。

詳細はまた明日。


追記 :

訂正です。
電光掲示板に、他会場の結果が出たのは、終了間際ではなく、後半36分でした。
G大阪の敗戦ではなく、途中経過でした。


|

« C大阪戦は勝利あるのみ | トップページ | 試合前に、仁徳天皇陵に参拝する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。