« 直接対決に胸がどきどきする一週間 | トップページ | 恨めし台風、サテライト観戦を断念 »

2005/09/24

諦めない気持ちが次に繋がる

ロスタイムのアレックス・ミネイロの得点に安堵しました。

万博スタジアムでの、鹿島とG大阪の首位攻防戦は、3-3の引き分けでした。

51分(後半6分)の曽ケ端準のミスによる、大黒将志の得点で同点になった時は、がっくりしました。TVの前でしばらく呆然としてしまいました。
そして、89分のアラウージョの得点で勝ち越された時は、再びがっくりしました。
アナウンサーは、「終了間際のガンバ劇場」と発言するし・・・。
もう、TVを消そうかな、と思いました。

しかし、神様は我等を見捨てていなかった。
というか、選手たちは諦めていなかった!

ロスタイムに、鈴木隆行のアシストで、アレックス・ミネイロがゴールを決めた。

万歳!!!

同点だ。

アレックス・ミネイロがベンチに駆け寄り、監督と控えの選手たちに、もみくちゃにされている。
良くやった! アレックス・ミネイロ。

あのミスがなかったら、と思いますが、ここは前向きに行きましょう。
残念だった、と思いますが、ここでは後ろは振り向かないようにしましょう。

次です。
ひとつひとつの試合に勝利して、勝ち点を積み上げて行きましょう。
そして、優勝しましょう。


|

« 直接対決に胸がどきどきする一週間 | トップページ | 恨めし台風、サテライト観戦を断念 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。