« 増田誓志を観たい | トップページ | サッカー選手のお勧め本 »

2005/08/21

悲しくてやりきれない

歯車が一つ狂うと、次々と歯車が狂っていくなあ、と感じました。

05082018_3

広島戦(8/20)は、1-2で、鹿島が負けました。

小笠原満男は、欠場。

退場者は、岩政大樹と大岩剛のふたり。

主審は、岡田正義。

これだけ、マイナスの要素が揃えば負けるよ。

おまけに、新加入のリカルジーニョがスタメンです。
リカルジーニョがスタメンと聞いた時は、目の前が真っ暗になりました。欠場した小笠原の代わりに起用されましたが、周囲との連係不足で、ほとんどボールに触ることが出来ず、攻撃の起点にはなれません。でも、これはセレーゾ監督の采配ミスですから、リカルジーニョの責任ではありません。ボランチに下がってからは、頑張っていました。

しかし、鹿島の命運を、新加入の外国人選手には任せられません。
ここは、増田誓志にやってもらいたかったです。
セレーゾ監督は、若手を育てる気がないのでしょうか?

しかし、アレックス・ミネイロは凄かった。
アレックスが入っただけで、サポーターが沸いて、選手たちも勇気つけられて前進しました。そして、得点し、同点になりました。
素晴らしい! アレックス・ミネイロ。

ところが、魔のロスタイムの失点。
どうして、最後が頑張れないのでしょうか?

試合終了後、ゴール裏に挨拶に行った選手たちには、温かいアントラーズ・コールが贈られていました。
メイン・スタンドからは、パラパラと拍手が起こっていましたが、私は拍手をしませんでした。頑張っている選手もいましたが、監督の采配や一部の選手のプレーに、どうしても拍手が出来ませんでした。

今日の試合は、鹿島崩壊の序章でしょうか?
それとも、いい薬になる試合でしょうか?

2005.8.20は、鹿島サポーターの記憶に残るでしょう。


「悲しくてやりきれない」
   作詞: サトウハチロー
   作曲: 加藤和彦
   唄 : ザ・フォーク・クルセダーズ


|

« 増田誓志を観たい | トップページ | サッカー選手のお勧め本 »

コメント

マリさん、コメントありがとうございます。
毎日、選手名鑑を片手に、楽しく拝見しております。
これからも、元気で明るいブログを更新して下さいね。

投稿: 香織 | 2005/08/23 23:28

はじめまして、横浜娘・マリと申します。遅ればせながら先日はTBありがとうございました。

‥愛するチームが空回りしているのを見るのはつらいですよね~。
またそれに対して何もできない自分が歯がゆくてもどかしくて。

でもサポはチームを信じて最後まで応援するしかないと思ってます。
愛するチームは違えど、チームとサポの間の信頼や絆はどこも同じですね。

鹿島のことは好敵手(笑)として常に動向を気にしているので、また遊びに来させていただきますね!

投稿: マリ | 2005/08/22 23:18

この記事へのコメントは終了しました。

« 増田誓志を観たい | トップページ | サッカー選手のお勧め本 »