« 小笠原満男うちわ | トップページ | サポーター魂 »

2005/07/12

カシマの鮎の塩焼き

カシマ・スタジアムへの所要時間は、3時間半弱。
往復にすると約7時間。

毎回、飽きずに良く行くよ〜、と我ながら感心します。
体力も気力も充実している今日この頃です。

味の素スタジアムや埼玉スタジアムの方が、断然近いのですが、遠〜いカシマ・スタジアムに通っている私です。
それだけ、鹿島には魅力がある、ということです。
夜の試合でも、朝から出かけます。
つまり、一日が潰れます。国立、横浜、調布、埼玉だったら、午後から出かけても間に合うのにね。

スタジアムでは、楽しい試合を観戦することが一番ですが、遠くから馳せ参じた者としては、コンコースで開催されるイベントにも期待しています。
そのへんをフロントも分っているのか、それとも、単なる集客の為なのか、カシマ・スタジアムのイベントとプレゼント、飲食の売店&屋台の数と質は、日本一のサッカー・スタジアムと思います。

7/9の川崎戦では、2005いばらき夏の観光キャンペーン「ゆかた祭り」が開催されました。
種々のイベントやプレゼントがあったのですが、今回は、「鮎の塩焼き」を食べました。いつもは行列しているのですが、今回は、楽に購入することが出来ました。

05070974

鮎の塩焼き 一本 ¥350也
正直言って、串焼きって食べ難いのよね。
隣にいた人は、頭と尾と骨を綺麗に残して食べていましたが、そんな器用な事はお皿とお箸がないと出来ません。
もう、尾から骨ごとばりばりと食べてしまいました。
骨も食べるの? と友人が吃驚していましたが、私の前歯はビーバーです(笑)。
美味しかった!

カシマには、何回も行っていますが、まだ食べたことがないものが沢山あります。
次回は、アジアン・カレーを食べようかな。

明日は、瑞穂で、名古屋戦です。
のんびりと、食べ物の話ばかりをしていてはいけませんね。
名古屋には、赤いユニをまとった藤田俊哉がいます。

選手もサポーターも、油断しないで行こう!!


|

« 小笠原満男うちわ | トップページ | サポーター魂 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。