« 敗軍の将は兵を語らず | トップページ | 鹿島はJリーグの誇りです »

2005/07/27

大岩剛に感謝の花束を

先日の大宮戦で負傷した大岩剛選手が、全治2週間と発表されました。

やっぱりね。

試合中に、突然、うずくまった大岩。
ピッチの外に出て治療を受け、その後、試合終了までプレーしました。しかし、挨拶後、耐えきれなかったのか、スパイクを脱いで、引き上げて行きました。
そんな大岩の姿を見て、無理しないで欲しい、と思いました。
マンチェスター戦は休んで欲しいね、と友人と話をしていました。

日頃、大岩剛の話には、全然、触れていませんでしたが、実は、惚れています。

ゆっくりと休養して、怪我を完治させて下さい。リーグ戦再開後の活躍を楽しみにしています。

しかし、大岩がいないマンチェスター戦はどうなるでしょうか?
岩政大樹と羽田憲司、それとも、金子聖司。
少し心配です。

昨日も書きましたが、日本代表の小笠原満男と本山雅志には無理して欲しくないです。

マンチェスター戦のチケットは、¥9000でした。
高〜い!
こんな高いチケットを買って、選手に無理するな、という私は矛盾していますね。
でも、親善試合で、鹿島の選手が怪我をして欲しくないです。
去年のバルサ戦で、開始早々、目の前で増田誓志が削られたのを見た時は、胆が冷えました。

世間は、月曜日のレアル・マドリード戦での、東京Vの善戦を観て、Jリーグのクラブに期待大でしょう。
私も、今日のレアル戦は、磐田頑張れ、と応援しています。

う〜ん、マンチェスター戦?
楽しい試合を観せて頂ければ、充分です。

セレーゾ監督、選手交代は早め早めでお願い致します。


|

« 敗軍の将は兵を語らず | トップページ | 鹿島はJリーグの誇りです »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。