« 2強時代の終焉 | トップページ | 浦和戦 »

2004/11/07

新潟戦

オレンジの海に沈みました。

新参者に負けるなんて、悔しいというよりも悲しいです。

新潟駅の新幹線待合所で、友人たちと時間を潰していました。
その時、目の前を、背が高くて格好いい男性が歩いていきました。
あれ、と思ったら、鈴木隆行選手でした。
「隆行だ!」という友人の声に、我にかえり、立ち上がりました。
改札口の方を見ると、アントラーズの選手、監督、スタッフが次々と来るではありませんか。急いで、選手たちに走り寄りました。2ショットで写真撮影をしたり、サインを頂いたり、握手を頂いたり、お話をするファンがいます。
しかし、負けた時は選手たちにちやほやしない、という友人の意見に賛同して、静かに選手たちを見送りました。

やっぱり、中田浩二選手は格好良かったです。
でも、お疲れ気味のようでした。

niigata_1.jpg

|

« 2強時代の終焉 | トップページ | 浦和戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。